「あぶくま通信」8月号 
今年も馴致・育成に携わった2歳馬が、続々とデビューしています。
今年の2歳世代は、昨年リニューアルした坂路コース(全長950m、平均勾配が3%)で、育成初期段階からトレーニングを積んだ第一世代です。
坂路コースは、平地コースに比べ脚もとへの負担が少なくより強いトレーニングを行なうことが出来ますが、その反面、馬体への負荷は大きくかかります。
当トレセンの坂路コースは、下記の図のように勾配が3%→2%→1.5%→1%→4%→7%と強弱があり、またコーナーが2ヶ所(坂路全景はこちら)あることで、自然と手前を替える事をおぼえます。

過去のあぶくま通信
2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月