「あぶくま通信」2月号 

「平成18年度/育成技術表彰(4頭)を受けました。」


このほど、当トレーニングセンターは社団法人 競走馬育成協会より平成18年度の競走馬

育成技術表彰を4件(4頭)受領しました。

 この表彰規程は、当協会会員の育成技術の向上を図り、競走馬育成の健全な発展に資する

育成技術表彰事業を推進するために行うものですが、表彰の対象となる競走馬の要件はいく

つかあります。


'(1)満1歳の秋に騎乗馴致を開始し5ヶ月以上継続して育成した馬【育成馬】が2歳の新馬
   競走に優勝したケース

'(2)障害重賞競走においては、継続して2ヶ月以上障害調教を行った馬【障害調教馬】が
  日本中央競馬会のトレセン入厩後6週間以内に障害試験に合格し優勝

'(3)平地の3歳以上のオープン競走において、トレセン入厩直前に育成牧場が14日以上  
  育成調教を行った馬でトレセン等入厩後1ヶ月以内に優勝した馬


 今回は、上記(1)2歳の新馬競走で2頭 (2)障害重賞競走において1頭 (3)オープン競走

で優勝1頭が対象となり併せて4頭について表彰をを受けた次第です。


*日々、在厩馬とともに暮らしている私共にとってはたいへん嬉しいことであります。

また、日ごろ当トレーニングセンターを支えて頂いております関係者の皆様にこの場を

借りまして改めて感謝申し上げます。

過去のあぶくま通信
2007年
1月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月